紛失や盗難を受けた時の対策があるの?

不正なユーザーの使用を予防する仕組み

業務でパソコンを使うとき、基本的には社内での利用になるでしょう。ただ営業担当者などは外出先で利用しないといけないときもあります。会社で仕事ができない時、自宅に仕事を持ち帰って行うときもあります。外に持ち出すと不安になるのが盗難や紛失です。法人向けパソコンには業務上のデータなどが入っているので、それらを他人に使われると大きな損失につながる可能性があります。その対策として、不正なユーザーの使用を予防する仕組みが搭載されているものがあります。パソコンを起動するときに一定の操作を求めるようになっていて、登録者本人が起動したのかそれ以外の人が起動したのかを判断してくれます。それ以外の人が起動したときには自動的にシャットダウンしてくれます。

ハードディスクにパスワードを設定

法人向けパソコンを利用するとき、外部に持ち出せば紛失の可能性があります。社内で保管していても盗難の恐れがあります。パソコン内のハードディスクには顧客情報などの重要な情報が入っているものもあり、一定の対策が必要になるでしょう。あるメーカーにおいては、ハードディスク自体にパスワードがかけられるようになっています。パソコンの知識がある人だと、ハードディスクを取り外して中の情報を盗ろうとするかもしれません。万が一盗難を受けたり紛失したりしたとき、他人がハードディスクの中身を見ようとしても、他のパソコンなどからでもパスワードが要求される仕組みになっています。パスワードを設定した本人しか中身が見られないので、情報の流出を避けられるでしょう。