パソコンには個人利用を目的にしたもの以外に、企業などでビジネスで使うのをメインにした法人向けパソコンがあります。家電量販店で販売されるケースは少なく、メーカーの法人営業部や法人向けサイトなどで購入ができます。

個人向けとの違い

持ち運びを頻繁にしても大丈夫?

法人向けのパソコンを購入する会社の中には、たくさんの台数は必要としていないケースもあるはずです。そして、数台のパソコンを、いろいろな場所で使い回したいと考えている状況もあるでしょう。そこで問題とな…

ディスプレイって家庭用と違うの?

ビジネスで利用するには、家庭用のパソコンでは邪魔な機能が多すぎるため、法人用を選んだ会社もあるはずです。そのため、パソコンだけではなく、ディスプレイも法人用で揃えたいと考えているかもしれません。し…

紛失や盗難を受けた時の対策があるの?

業務でパソコンを使うとき、基本的には社内での利用になるでしょう。ただ営業担当者などは外出先で利用しないといけないときもあります。会社で仕事ができない時、自宅に仕事を持ち帰って行うときもあります。外…

仕事に特化したビジネスパソコンの特徴

ビジネスパソコンはデスクワーク向けに特化した機能を持つのが特徴です。文書作成や表計算など、事務系の仕事に役立つ機能が標準搭載されている反面、仕事に無関係な機能は付いていないのが主流になっています。

購入方法

パソコンは家電量販店などで購入できますが、法人向けパソコンは購入できません。法人向けパソコンを製造しているメーカーでは、法人営業部を通じて購入ができます。法人向けのサイトを設けているメーカーなら、サイトからの購入も可能です。

どうやってメーカーから直接買うの?

メーカー以外から買う方法はあるの?

できるだけ初期コストを下げたいときはどうする?

法人向けパソコンのコストカットのポイント

法人向けパソコンは、オフィス内での事務作業に特化した機能が備わっているものが多く、社員数の多い企業を中心に導入が進んでいます。最近では、法人向けパソコンの初期コストを安く済ませるために、必要最小限の機能がある製品の購入を検討している企業が多くあります。例えば、初期段階から搭載されているソフトの数が少ない法人向けパソコンを選ぶことで、社員数によっては大幅なコストカットを図ることもできます。また、法人向けパソコンの購入だけでなく、レンタルやリースなどを専門に扱っている業者を利用することによって、コストの節約はもちろん、経営状態や事業内容、社員のパソコンのスキルなどに合った製品を選ぶことも可能です。

法人向けパソコンのレンタルを利用するメリット

法人向けパソコンのレンタルを専門とする業者は日本中に多くありますが、最新機種をリーズナブルな価格で契約できるところを選ぶことで、将来的に掛かるコストを安く済ませることが可能です。また、企業の事業の内容によって必要となるソフトの種類が異なりますが、法人を対象としたサポートが充実している業者を選ぶことで、それぞれの企業の実情に合ったソフトを紹介してもらうこともできます。法人向けパソコンの契約期間は、業者ごとに違いがありますが、最近では一か月から三か月程度の契約を結べる業者も増えており、ニーズに合ったところを探してみましょう。なお、レンタルができる機種や契約料金、アフターサポートなどにこだわりがあれば、業界内でのシェアの大きい業者に問い合わせをすることも大切です。